葬式に渡す香典とは。

葬式に香典を渡すときに多く包むと失礼にあたる事もあります。お悔やみの気持ちを弔意といいます、この弔意を一般の参列者が例えば身内やご遺族や親族などの弔意を飛び越えてしまう事はマナー違反にあたるという考え方があります。これに似たような考え方では喪服もあります、洋服や和服このような服装には格式があって、これを一般の参列者がご遺族を飛び越えてしまう、これも同じように失礼にあたります。例えば紋付の和装などもこれにあたります、葬式のときに包む香典に悩まれたときには5000円かもしくは10000万円と考えておくのがいいです、お香典の金額は亡くなられた方と自分の関係から決まります、両親の場合は5万円から10万円で兄弟では3万円から5万円その他祖父母や親戚などでは1万円から3万円が目安になります。

お葬式参列時の女性の服装

お葬式に参列する際の服装では、参列者は「故人を偲ぶための正装」で参列する必要がありなす。特に女性に関しては、礼服にするかスーツにするか、アクセサリーやバックなど、選ばなければならない物が男性より多いですね。選び間違いがないよう正解を心得ておきましょう。基本的には喪服か黒いスーツであり、肌が多く出るものは厳禁です。喪主の妻や故人の娘など近親者の場合は喪服は着物です。ストッキングも黒い物を選び、代えのストッキングも持っていくと良いでしょう。アクセサリーは真珠のものを選び、結婚指輪も外して行きましょう。鞄はエナメルや金の金具がついた物は持たず、ハイヒールの場合はかかとの低い物にしましょう。コートなどある場合は黒や紺、グレーなど地味な物を選びます。急な参列に慌てる事のないよう準備しておきましょう。