お葬式のお香典について

お葬式において持参するお香典とは、死者の霊前に供えるもので、葬儀などで金銭的にも負担がかかる遺族に対するいたわりの気持ちを込めて包むお金のことをいいます。お金は不祝儀用の水引を結んだ袋に包み、表書きは先方の宗教に合わせて表記します。御霊前と表記すれば、全宗教で用いられますので無難です。仏式の場合には、黒と白の水引を用い「御香料」などとも表記します。神式の場合には、銀や白黒の水引を用い「御玉串料」などとも表記します。また、キリスト教の場合には一般的に水引を付けずに「献花料」などと表記します。香典袋の下段には、会葬者のフルネームを書きます。持参する場合には、むき出しのままではなく、ふくさに包みましょう。

女性の正式な喪服とは

葬式や通夜での服装を喪服と言います。一般的に女性の場合は、洋装のなら黒のワンピースにジャケットか黒いスカートのスーツにします。フォーマル専門店で売っている、白光りしない真っ黒なものを着用します。足下は黒のストッキングに装飾や艶のない黒いパンプスを合わせます。冬場でもタイツは着用しません。アクセサリーはパールかオニキスの一重のネックレスをします。バッグも黒です。和装の場合は黒の五つ紋の着物に黒い帯を締め、黒いバッグを持ちます。学生の場合は、制服がある場合は制服が喪服となります。ない場合は黒やグレーの地味なワンピースやブレザーを選びます。遺族は弔問者よりも格上の喪服を着るのがマナーとされています。女性なら黒のシルキーな素材の、アフタヌーンドレスです。襟と袖のついたものを着ます。和装なら黒の五つ紋の着物に黒い帯、バッグや草履も黒で揃えます。