宗教別の香典の違いについて。

お葬式や通夜で持参する香典には、宗教などによってさまざまな違いがあります。たとえば、仏教の場合ですと、表書きには「ご霊前」「御香料」などと記入します。墨は悲しみの気持ちを表す、薄墨のものを使用します。熨斗袋は、黒白もしくは双銀の結びきりかあわじ結びの水引の物を用意しましょう。次に神道の場合の香典は、表書きには薄墨で「御榊料」「御玉串料」などと記入します。熨斗袋は、不祝儀用のもので、水引がある場合には黒白もしくは双銀の結び切りかあわじ結びのものを使用します。キリスト教の場合には、表書きは、プロテスタントであれば「御花料」、カトリックであれば「御ミサ料」と記入します。熨斗袋は、十字架のついた白い封筒か不祝儀用の熨斗袋で、水引がある場合は黒白もしくは双銀の結び切りかあわじ結びを使用するのが一般的です。また、「御霊前」という表書きであれば、どの宗教であっても使用できますが、蓮の花のついている物は仏教専用ものとなっていますので注意が必要です。

お葬式での女性の服装オススメ

お葬式での女性の服装は、一般的なところでは、黒い礼服になります。礼服は通年使用できるもの1着あれば安心です。オススメは、ワンピースとジャケットのセットです。ワンピースは半袖のものを選べば、夏はそれ一枚、冬はインナーを着てワンピースとジャケットを重ねるなど季節に合わせて使えます。ちなみに、ノースリーブのワンピースだと夏場に一枚では露出が増えるので、その場合は薄手のカーディガンを羽織るなど対策しましょう。素材は、マットな黒の無地で、過度な装飾のないものがよいでしょう。足元は、黒のストッキングと黒のパンプスです。これも、光沢や過度な装飾がないものがよいでしょう。光沢のあるアクセサリーも避けて、もしつけるなら、控えめなデザインでパールのものを選びましょう。突然の弔事に備えて、日頃から一式用意しておくと安心です。