お葬式での喪主の挨拶

夫の葬式で妻が喪主を務める場合の挨拶例。夫の名前を夫男、妻の名前を妻子、とします。遺族を代表致しまして、皆様にひとことご挨拶を申し上げます。私は個人の妻、妻子でございます。故人の夫男は、五十三歳でございました。これから人生の華を迎えるという時期に、不運にも肝臓の病に倒れ、短い一生を閉じることとなりました。短い時間ではございましたが、夫男は良き夫・良き父として私たち家族と共に過ごしてくれました。これからの人生、夫男との思い出を胸に、残された家族で支え合い生きていきたいと思います。故人の生前と同様に、皆さまのお力添えをいただければ幸いに存じます。本日は、会社の皆さま、ご友人の皆さま、お忙しい中ご会葬をいただきまして、本当にありがとうございました。

葬式の男性の服装について

葬式の男性の服装は、特に黒を記帳としたスーツを着て、白いネクタイをする事が一般的なスタイルであり、それぞれそう言った黒のスーツを用意して置く事は、何時葬儀に出席するか判らない事からも、やはり考えなければいけない所となります。葬式は、人生の内でも数回は出席をする機会がある為、こうした時に男性の服装を考えるとやはり、黒のスーツを購入する事が良いでしょうし、準備をして置けば何時突発的な状況であっても対応出来る事となります。友達や家族と言った所から、会社関連の方々の不幸ごとになれば、葬式を行う事となっていて、それぞれに服装を用意して置けば、何時でも出席する時に恥ずかしい事にはならないでしょうし、黒のスーツは何かと便利な物となります。