海外の医薬品を購入する際の種類と手元に届くまで

>

医薬品を海外から輸入をする場合どのような手順で手元に届くのか

制約は多いが個人で医薬品を輸入はできる

個人でもし海外から輸入して医薬品を購入するとなったら国の制約があり面倒ではありますが、個人輸入をすることは可能です。
まず輸入できる種類に制限があり、麻薬や大麻など法律で所持が禁じられているものはもちろんダメです。
輸入できるものは医薬品、医薬部外品、育毛剤、浴用剤、ドリンク類、サプリメント、化粧品などがおもにOKな品物です。
あと数量制限があり、商用に当たるような大量の輸入はできません。
あと場合によっては薬監証明を取る必要が出てくるものもあるのでその場合には結構面倒な手続きが必要です。
問題なのはあくまで個人での使用が原則なので他人に譲渡したり、プレゼントするのもダメです。
他人と共同で購入するのも禁止ですので、友人と軽い気持ちで共同でといったことが絶対にしないようにしましょう。

実際に輸入して手元に届くまでの手順

あとあくまで個人で輸入を行う際には海外の人と直接コンタクトをとれなければだめなので英語ができなくてはまず不可能です。
しかし現在はインターネットが一般的に普及しており、現在の流れを受けてか個人輸入代行サービスというのが出てきて、いろいろなサイトがありますのでそちらへ申し込みをすれば英語ができなくても薬監証明などの面倒なことをしなくても海外の医薬品を購入することができます。
方法はサイトへ行って商品を選び数量や種類が決まったら申し込みをします。
サイト上で支払いを済ませるか、事前入金をすればあとは代行サービスがすべての作業を代行してくれ商品を発送してくれます。
あとは自宅で受け取るだけですのでストレスなく買い物ができます。
なかなかほしい医薬品が手に入らないとお困りの方には利用してみても良いサービスかと思います。


この記事をシェアする